当院で行う虫歯治療について | Dental caries treatment

虫歯って何?

虫歯とは、口内の虫歯菌によって生み出された歯垢(プラーク)が酸を生成し、それが歯を溶かしてしまう病気です。

一度虫歯になると自然に治ることはなく、放っておくと症状は悪化する一方です。

そして、症状がさらにひどくなると、虫歯の進行を止めるために歯を削らないといけなくなります。

しかし、なるべくなら自分の歯は削りたくありませんよね?そこで、まずはしっかりとお口の予防管理を行い、虫歯や歯周病がこれ以上悪くならないように心がけることが大切です。

悪くなってしまった部分については、最小限の治療を行っていきます。

虫歯の進行段階と治療法

 | 虫歯は通常、程度によってC0~C4の段階に分類されます。
C0: 脱灰 この段階の虫歯には痛みがなく、自覚症状もありません。

【治療法】
適切なブラッシングと予防処置により、歯を再石灰化して治します。
C1: エナメル質の虫歯 歯の表面(エナメル質)の虫歯です。痛みは少ないですが、放っておけば虫歯が悪化してしまう状態です。

【治療法】
エナメル質を一層削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチック系の材料を詰めて治療を行います。
C2: 象牙質の虫歯 歯の中(象牙質)の虫歯です。冷たいものや甘いものを飲食する時に痛む・しみるなどの症状が現れます。

【治療法】
治療は虫歯部分を削り、主に部分的な詰め物(インレー)によって保護します。
C3: 神経まで進行した虫歯 虫歯が神経まで到達すると、激しい痛みが生じます。

【治療法】
虫歯に侵された神経を取り除き、全体的な被せ物(クラウン)を装着します。


C4: 歯の根まで進行した虫歯 歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿が溜まります。

【治療法】
抜歯が必要となる場合があります。その後、入れ歯やインプラントなどによって歯の機能を回復します。



虫歯の再発を予防し、生涯を通じて健康な歯を維持しましょう | Preventive management

虫歯は治療した後も、適切なケアを怠ると再発する恐れのある病気です。再発を防ぐためにも、治療後は特に注意してお口の予防管理を意識していかなければなりません。

当院では、患者様の健康的な口内環境を維持するため、治療後は歯の効果的なメンテナンス方法について分かりやすくご説明いたします。

また、定期健診にてお口のクリーニングを行うことにより、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を整えます。

歯科医院での定期検診とご自宅での毎日のケアを通して、お口の中を常に清潔に保つ意識を身につけていきましょう。