当院の審美歯科では美しさだけではなく、しっかり噛めて、きちんと話せ、長持ちする治療を心がけています。患者の皆様一人ひとりに合わせた、最適な治療をご提案いたします。

口を大きく開くと、銀歯が見えないか気になる

もっと白くて、美しい歯になりたい

審美歯科は、そんな方におすすめしたい治療法です。

虫歯や歯周病のように、症状が出てから治す治療とは違い、歯の白さや歯並びなどの口や顔の美しさを整える治療です。

手軽にできるホワイトニングから、本格的なセラミックを用いた治療など、さまざまな治療メニューをご提供できます。

「美しい口元になりたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

審美歯科はこんな方にオススメ

手軽に白い歯になりたい
目立つ銀歯を白くしたい
魅力的な口元に憧れている

豊富な選択肢 | Aesthetic remedy

審美歯科のような保険のきかない自費治療の場合、保険治療に比べて治療費が高額になりがちです。そのため、当院では緊急性がない限り、無理に治療をお勧めすることはありません。



審美歯科保険治療は国が定めた材料と技術で最善の治療をします。決して不十分ということではありません。しかし、現在の保険制度は機能回復のみに重点を置き、見た目の美しさにはあまり配慮をしていません。 しかも、保険治療では治療方法や素材に制限があるため



笑うと金属の色が見えてきになる

歯ぐきが黒ずんできた

白いつめものやかぶせたものが数年で変色した



という経験をお持ちの方も多いと思います。 審美歯科とはただ単に歯を白くするということにとどまりません。1本の歯のことだけでなく、口全体にバランスを考えた治療を行うことにより、歯と歯ぐきを含めた自然な口元の美しさを回復することを目的としています。

自費治療のメリット | Aesthetic remedy

自費治療のメリットもし、自分の家族が治療を受けるのなら、間違いなく金属を使わない自費のセラミック治療を勧めます。

お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科治療用金属(一般的にパラジウム・ニッケル・コバルト・クロム・水銀)が原因となり、顔・全身にアレルギー症状を発症する場合があるからです。

【当院の主な審美歯科メニュー】白く美しい詰め物・被せ物 | Aesthetic remedy

保険治療の有無に問わず、さまざまな種類の詰め物・被せ物を取り扱っています。患者の皆様のお好みやご予算を伺いながら、もっとも相応しいと思われる素材をお勧めします。

オールセラミッククラウン(ジルコニア)

セラミック(陶器)素材を使っているので、自然な色合を再現しやすい、審美性に優れた被せ物です。

主に目立ちやすい前歯に使用します。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

内部に金属を一切使用していないため、歯が自然な色合いになります。

また、長期間使用しても変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

オールセラミックのメリット
短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
歯並びやかみ合わせの改善にも利用できる
金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
金属アレルギーの方にもオススメ


オールセラミックのデメリット
割れやすい
歯を削る量が比較的多い
保険外の治療なので、値段が高い

メタルセラミック

一般的に広く行われているセラミック冠で、金属のうえにセラミックを焼き付けたもので、自然に近い白さを再現できます。オールセラミックよりも強度に優れますが、透明感で少し劣ります。

メタルセラミックのメリット
摩耗に強く、耐久性が高い
ほとんど変色がない


メタルセラミックのデメリット
割れやすいことがある
歯を削る量が比較的多い

セラミックインレー

セラミック製のインレー(詰め物)です。これまでの金属の詰め物では、大きな口を開けると目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを詰めることで、それらの問題をクリアすることができました。

セラミックインレーのメリット
自然な白さがある
質感にすぐれている
金属アレルギーの方も安心して利用できる


セラミックインレーのデメリット
保険外治療のため、値段が高い

ラミネートベニア

歯の表面のエナメル質を一層削り、ジェル状のセラミックス(ネイルチップみたいなもの)を製作して、歯の表面に接着剤で貼り付ける治療方法です。歯を削る量も最小限ですみ、形や色もある程度自由にかえられます。

ラミネートベニアのメリット
歯を削る量が少ない
治療回数を減らすことができる
ホワイトニングに比べ後戻りがない
すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

ゴールドインレー

金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られた詰め物のことを、ゴールドインレーといいます。この金属は非常に錆びにくいのが特徴です。そのため、セメント・接着剤の溶け出しによる二次的な虫歯や金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを防ぐことができます。

ゴールドインレーのメリット
金属なので強度が強い
強い力のかかる部位にも使用できる
錆びにくいため、金属アレルギーの問題が解消できる


ゴールドインレーのデメリット
金属なので見た目が良くない
保険外治療のため、値段が高い

審美歯科に関する質問 | Aesthetic remedy

Q. 審美治療ってなんですか?

A. 審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。

Q. どのくらいの期間で治りますか?

A. 治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。

Q. 真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です。

A. 歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。 またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。

Q. 審美歯科治療に保険は適用されますか?

A. 歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジン(プラスチック)や金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。

セラミック治療に関する質問 | Aesthetic remedy

Q. 銀歯を目立たなくする方法はありますか?

A. 銀歯の詰め物を一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

Q. セラミックは変色しませんか?

A. セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

Q. 歯と歯の隙間が気になるのですが……

A. いわゆる”すきっ歯”には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。 また、歯を削ることなくプチ矯正(部分矯正)によって、隙間をなくすことは可能です。

Q. 金属アレルギーなのですが、治療できますか?

A. セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。当院では、患者さんがどの金属にアレルギーを持っているかを大学病院に依頼して分析し、症状やご希望に合わせた最適な素材を選択します。

Q. 被せ物は、歯ぐきが黒く変色するとお聞きしたのですが……

A. オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。 なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。

Q. 治療期間中、歯のない期間がありますか?

A. 歯の被せ物を外したり削った後は、仮の歯を入れます。普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します